第15週
中国の空港・機内
わかりやすく、フレンドリー
(2000年12月16日 更新)

中国西北航空機(西安咸陽国際空港)


北京首都空港 

<右写真>
 預けたスーツケースが
 結構早く出てきた
 空港職員は意外にも
 笑顔でフレンドリーな人が
 多かった。

<左下写真>
 入国審査はスムーズ
 成田よりかなり早い

<右下写真>
 出発ロビー入り口
 朝早くから多くの人で
 賑わう



西安咸陽国際空港 
<到着ロビー>
少し古めかしく、閑散としている

ローカルな感じで中国を実感できた
<出発ロビー外観>
到着ロビーと対照的
で近代的


上海虹橋空港 
世界の主要都市の空港と同様
多くの旅行客で賑わっていた


航空機内 
<北京→西安>
中国の国内線
機内乗務員もローカルで、フレンドリー

中国人らしきビジネスマンが目立った
<北京→西安>
10%〜20%ぐらいの搭乗率
<上海→成田>
この便は結構空いていた



空港使用料半券 

国内線は50元(約675円)、国際線は90元(約1215円)の
「民航機場管理建設費」を一人当たり支払う

(成田空港国際線は2040円)


お ま け

成田空港 
ハード面では素晴らしい設備が多いが
お客様の立場に立った、ソフト面での対応ができていない
入国審査では必ず数十分待たされる


<第二旅客ターミナル>
出発ロビー
施設面は素晴らしく掃除も行き届いている
右側の窓口には審査官が入っていない
レジが設置してあっても
レジを打つ人がいないスーパーと同じだ

毎週毎週!中国!!
GALLERY OF CHINA
TOPに戻る