第17週
西安大雁塔・城門
シルクロードの出発点
(2000年12月30日 更新)

西安市中心部(旧市街地)>
右城壁に囲まれた面積は約13ku
城内のほぼ中心に「鐘楼」があり、東西南北に城門がある




石とレンガで造られた
7層の方錐形の塔で、高さ64m、
一階部分で、東西46m、南北49m


一番上までは、狭い階段を上って上がる
エレベーターを使い慣れていると
結構つらい

  
 大雁塔

 
 西安市中心部から南へ4kmにある
 慈恩寺の境内に建てられている
 

 唐時代の高僧玄奘が
 多くの貴重な仏典の収蔵のため
 652年に建立した

大雁塔の一番上から、北側・西安旧市街地を望む




西の城門
 

 四方を囲む城壁は
明時代の初期に
建てられた

  
高さ12m
周囲の長さは約12km
 
西の城門は
シルクロードの起点
となっている
 
 

 西の城門から
 南側を望む
 
 
城門の幅は
12m〜14m
 底部の幅は
 
15m〜18mある

城門の外側は
さらに堀に囲まれている
 
 


<シルクロードの起点>

 

 西の城門の
トンネルを通って
シルクロードの旅に出た

 左写真上部の茶色の
レンガ部分が明時代の
トンネル
(下側の白いタイル壁は
後につくられたもの)

 
 

 上記写真
 下側の小窓から
 西方面を望む

ローマに通じる道が
見える


 
 



毎週毎週!中国!!
GALLERY OF CHINA
TOPに戻る