第24週
西安碑林・陜西歴史博物館
中国の歴史の重みが感じられる
(2001年2月17日 更新)

西安碑林博物館


西安の城門内の
南門近くにある

宋時代に
唐時代の「十三経」を
保存するために建造された

 
 
 
 漢時代から清時代の
著名な書家の原刻碑を集め
石碑や墓誌の宝庫といわれている

左の写真は
亀の上に石碑が作られている


<拓本>

原刻碑から紙への
コピー作業


原刻碑に墨を塗り
その上に紙を張り付けて
写し取る




陜西歴史博物館


 西安の南門より南側
 約1.5kmのところにある
国立歴史博物館

展示面積 
約11,000u
収蔵品
約113,000点
 


博物館の裏庭は
開放的で広々している
 
兵馬のような像も
展示されているが
別の場所での
出土とのことだ

 


有名な青銅製(?)の
水入れらしい



<入場カード>

テレホンカードタイプで
見学の記念にもなる





毎週毎週!中国!!
GALLERY OF CHINA
TOPに戻る