連合軍共同墓地
(カンチャナブリ)

第二次世界大戦中、日本軍の捕虜となり泰緬鉄道建設で犠牲となった
約7000人の米国・英国等連合軍兵士が眠る墓地

 


 連合軍共同墓地の入口

泰緬鉄道の「カンチャナブリ駅」から徒歩5分のところにあり、今でもイギリスを中心に各国から墓参の人が絶えないという

墓地内は手入れが行き届き、一年中、赤や黄の花が咲き乱れている

四角い墓標には、埋没者の氏名や出身、年齢等が刻まれている




偉大なる砲兵隊
A・R・グットウィン

1943年4月11日爆死
享年30歳

我々の心の中で
永遠に
生き続けている

この共同墓地は、1939年〜1945年に
この地で名誉ある戦死を遂げた陸・海・空軍
兵士の永遠の安らぎの場所として、
タイの人々より寄贈されたものである 

(2002年1月27日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る