ワット・スアンドーク
(チェンマイ)

14世紀に僧のための庭園として建造された寺院
「スアンドーク」とは「花園」という意味

映画「ビルマの竪琴」の舞台となったという

 




本堂には
500年前に建てられた
巨大な仏像がある










↓ 有名な僧侶の写真



本堂の横には
白い多くの塔があり
とても清楚な感じで
美しい






本堂の裏手には
ランナータイ王国の
遺骨が納められている
大きな塔がある

(2002年4月7日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る