エメラルド寺院(バンコク)

雄大なチャオプラヤ川のほとりの王宮内にあり
バンコク観光で一番人気の寺院


正式名は「ワット・プラケオ」
「ワット」とは「寺院」の意味

もともと王室専用の寺院で

タイで最も格調の高い寺

半ズボンやタンクトップ、サンダルでは見学できない





本堂





仏教の守護神 ヤック →

本堂内のエメラルド・ブッタ

  紀元前43年に北インドで作られ、幾多の
  王朝の戦いに巻き込まれ、数奇な運命を
  たどり、1784年ここに安置された
  
  (写真中央やや下側の小さな仏像)



本堂周囲の回廊
目を見張ような彫刻や仏像が多く、驚きと感動が続く




何故か
隣国カンボジアのアンコールワット遺跡(世界遺産)の模型もあった


(2001年9月2日 更新)

Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る