クワイ川鉄橋(カンチャナブリ)

バンコクから西へ約130km、ミャンマー国境に近いカンチャナブリには
映画「戦場に架ける橋」の舞台となったクワイ川鉄橋がある



第二次
世界大戦中
日本軍によって建設された

連合軍の捕虜が中心に労役に課せられ
台風や病気、食糧不足等で
多くの犠牲者がでた

当時は木製の橋であったが
現在では鉄の橋に建て替えられている


当時の様子は
「JEATH戦争博物館」に展示されている

また犠牲となった兵士が眠っている
「連合軍共同墓地」も近くにある


当時の本物の爆弾



今では、花が咲き誇り
世界各国の観光客が
当時を偲びながら
橋の上を闊歩している


列車は一日に5本程度しか通過しないため、歩いて渡ることができる

橋のところどころに列車避けのスペースがあり、ビューポイントにもなっている


この橋を建設した日本の会社名が
鉄橋の一部に刻まれている ↓



川は、静かにそしてゆったりと流れている
川辺には、水上レストランや船の発着所がある







岸辺の橋の下にはお土産屋さんがズラリと並んでいるがあまり繁盛している様子はない ↓


クアイ川鉄橋駅 →

橋に隣接しており、列車の
発着時には多くの観光客で
混雑する

(2001年9月9日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る