バンパイン宮殿
(アユタヤ)

17世紀にプラサート・トン王が建てた離宮
アユタヤから南へ約20km、チャオプラヤ川の中の島にある


 
アイサワン・ティパアード・パビリオン(右手中央)


バンパイン宮殿の全景

広大な敷地の中に
宮殿や寺院、
シンプルで緑の多い
庭園があり
湖がそれらを取り囲み
ゆったりとした
造りになっている


観光でも、短パンや
タンクトップの服装では
入ることができない


19世紀の
ラマ4世と5世により
再建され現在に至っている



見学した日は
素晴らしい晴天で
宮殿がまるで
おとぎの国のように思えたが
とにかく暑かった!!

今でも王室の
離宮や迎賓館として
使用されている

従って
王室接待時は
入場することができない
とのこと


← 西洋風の建物
(プラ・ティナン・   
     ワローバート)


宮殿全体を見渡せる
展望台
(プラ・ティナン・      
    ウィトゥン・タサナー)


その右手には
華僑の寄贈による
中国様式の建物も見える
(プラ・ティナン・     
    ウェーハート・
       チャルムーン)
 


(2001年10月28日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る