水上マーケット(ダムヌン・サドゥアク)
(バンコク近郊)

バンコクから南西に約30km、タイ湾に面して、有名な水上マーケットがある
ラマ4世(1851年〜68年)時代に掘られた
全長35kmの
運河を利用して、売り買いがされている

 



観光客のボートに混じって、果物や米・野菜を積んでいるボートもたくさん行き来しており、一般庶民の生活の場ともなっている


ボート同士、またボートと岸のお客さんとの売り買いも活発に行われ、活気にあふれている



水上マーケットの中心部

運河の両わきには、帽子や籐カゴ、ちょっとした小物やアクセサリー等の土産物店が並び、多くの観光客で賑わっている


運河の水は、生活廃水等も流れ込んでおり、決して綺麗だとは言えない



運河ツアー
観光客用の10人乗りぐらいのエンジン付きボート
後方にある樹木は「バンブリー」と言い、黄色の花は「タイの花」と言う

運河は、まるで道路のように続き、ここで生活する人々のライフラインとなっている
運河の周囲には、パイナップルやバナナの樹が茂っている

   ボートに乗って運河沿いの家々に
   食べ物を売り歩く(漕ぐ)女性    →


   運河沿いには高床式の家々があり
   ここで生活している人々の日常生活の
   一端を感じ取ることができるができる 
                     ↓


(2001年11月11日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る