泰緬鉄道
(カンチャナブリ)

1943年、アジア侵略を押し進める日本軍が軍需物資の輸送のため
タイ(泰)のノンブラドックとビルマ(緬甸)のタンビザヤを結ぶ415kmを建設
現在はタイ国内ノンプラドックからナムトックまでが一部運行されている

 


岩山とクワイ・ノーイ川の間の断崖絶壁を、貼りつくように走る列車はスリル満点だ


しかし、窓から身を乗り出して写真撮影する観光客も多い


クワイ・ノーイ川の流れは静かでゆったりと流れている

車窓からは、船着場や観光客用レストラン、そして民家などが見える


← 乗客が既に乗り込んだ
   発車直前の駅









 列車が駅に停車するごと
 に、列車の周りは多くの
 観光客で賑わう ↓
 
それぞれの駅には、飲み物やお菓子等を販売している売店があるが、どこもほとんどお客さんが居ない状態だ

 連合軍捕虜に過酷な労働を強いて建設された泰緬鉄道も
今では、世界中の観光客でいっぱいだ

(2001年11月25日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る