ワット・マハタート
(アユタヤ)

バンコクから北へ約80km、チョプラヤ川の支流に包まれてアユタヤがある
ワット・マハタートは、アユタヤ初期に仏舎利を納めるために建てられた

 


カンボジア様式の寺院
であったが

度重なるビルマ軍の
侵攻により破壊され
今は廃墟となっている

本堂の跡


本堂の上から
 
ビルマ軍によって
頭や腕を破壊された仏像



菩提樹の幹に挟まった
仏像の顔


ここでの記念撮影は
仏像の頭部より
自分の頭を低くして
撮影するように
右側の案内板に
書かれている

(2001年12月 9日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る