JEATH戦争博物館
(カンチャナブリ)

第二次世界大戦中の捕虜収容所を再現した竹の小屋が
そのまま博物館になっている


 

JEATHとは、「J」は「Japan」、「E」は「England」、「A」は「America and Australia」
「T」は「Thailand」、「H」は「Holland」の略
また“JEATH”とは死(DEATH)の文字に置き換えて読まれる


イギリス・アメリカ・オーストラリア・タイ・オランダの兵士達は、日本軍の捕虜となり泰緬鉄道建設のため労働力として酷使された

その捕虜達が描いたスケッチや写真、日本軍の銃・剣・ヘルメット等の遺品が展示されている



(館内では写真撮影禁止)



連合軍共同墓地

約7000人の米国・英国等連合軍兵士が眠る墓地も近くにある

(2002年3月17日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る