王宮
(バンコク)

1782年にチャクリ王(ラマ1世)が、王宮と王室専用の礼拝堂(エメラルド寺院)を開いた
以来、歴代国王が次々と宮殿を建て増し、壮麗でバラエティに富んだ王宮となった

 
チャクリー・マハプラサート宮殿


正面に屋根が見えるのが「チャクリー・マハプラサート宮殿」で、ラマ5世(1868−1910)の時代に建てられ、ルネッサンス様式の建物にタイ式の屋根を乗せた独特な建物

現プミポン国王は住んでおらず、国の公式行事に使われている

デュシット宮殿

(左写真右側)

純タイ式建築で、国王の
戴冠式が行なわれる宮殿

ポロマビマン宮殿


ラマ4世(1851−1868)の頃から、何回か改修せれ、現在に至っている


王宮の外には、現プミポン国王夫妻の
大きな肖像画が目立っている
王宮の警備兵さん
静止状態で、目だけが人を追っている

(2001年12月30日 更新)
Copyright 2001 PORTALSITE  All rights reserved
TOPへ戻る